パリジェンヌ Diet

「がんばらない」パリ流ダイエット、美肌、妊活。日々の女性の悩みにちょっと役立つ情報満載

「太るとすぐ顔についちゃう」いや~なあのお肉を解消する方法厳選5選

f:id:julikayab:20150829160032j:plain
photo by: www.flickr.com

最近太ってきた?鏡を見てため息をついていませんか? 「太るとすぐに下についちゃう」と思われますが、 実は人間が太る時は部分的に太ることはまずないと言われています。 ウエストサイズやズボンのサイズが同じなのに、顔だけ太っている!という方は、 まず普段「ついついやってしまっていること」を見直していきましょう。 あのいや~なお肉を解消する今すぐできる方法を厳選してお送りします。

塩分の摂取量を見直す

大量の塩分を摂取すると体内の塩分濃度と浸透圧の関係で 余計な水分が排出されず水太りの状態になります。 真夏の水分補給する時に少量の塩が入っているスポーツドリンクを飲むのはそのためです。 ミネラルウォーターやお茶などはすぐに体外に排出されてしまいます。 しかしこの生理機能が悪く働く場合もあります。

特にしょっぱい食べ物が好きな人は要注意。 寝る前に塩分の高いものを食べるのをやめましょう。 深夜のカップラーメン、ポテトチップスなどが次の日の朝、 顔がパンパンに膨れる原因です。 最初から塩を摂取する量を抑えるのが理想です。 1日6g以下にならないように注意しながら減塩すると数週間で効果が表れます。

余計な塩分を排出する

先程の真夏の水分補給と同じ話が「余計な塩分を排出する」のに役立ちます。 塩辛い食べ物を食べ過ぎでしまった時には積極的にお茶を飲みましょう。 大量の水などを飲むと逆効果です。むくんでしまう恐れがあります。 夜に飲む際にはハーブティーやコーン茶(韓国のとうもろこしのひげ茶)やたんぽぽ茶などがいいですね。 カフェインが入っていないものでも、塩分を体外にしっかり排出する力はあります。

お茶を飲んだ後は、しっかり水も補給しましょう。 体外に余計な塩分を出す際に水分も排出されています。 水分を補給したら、お手洗いにもまめにいきましょう。我慢すると水毒症など深刻な勉強を発症する場合があるので、お手洗いに行くのはかかせません。

顔周辺の肉をひっぱるのをやめる

二重あごや頬の肉が気になるからといってマッサージの名目で顔をむやみに引っ張っていませんか? それが逆効果の場合があります。引っ張って伸びた皮はもとに戻る(縮む)までに長い年月が必要になります。 二重あごが気になる方は往々にして顔と首が前傾する傾向があります。 あごを引く癖をつけましょう。顔の肉をひっぱるのをやめましょう。 顔を触るのは肌荒れやニキビの原因になることもあります。注意して今すぐやめましょう。

小顔にはツボ押しが効果てき面

しかし顔のむくみやコリは解消したい!その場合はピンポイントのツボ押しが最適です。 ツボ押しをする前に蒸しタオルを用意します。 水で濡らしたフェイスタオルを電子レンジで500wで30秒程度温めます。 温めた蒸しタオルを顔、頭、首に乗せてからツボ押しをすると血行が良くなり効果てき面です。 その際には、やけどに十分注意して下さい。

四白(しはく)

目の下、約1cm程度の場所で少しくぼんでいる場所を指圧します。 強く押すとシミの原因になるのであくまで優しく抑える程度にします。

地倉(ちそう)

口角の両側の部分。先程の四白と同じように優しく抑えるようにします。

顔の肉は頭、首、肩のマッサージで解消

先程の蒸しタオルを数個作ります。 頭、首、肩に乗せてセルフマッサージをします。 専用の器具を使用しても構いません。 手の指の関節やげんこつなどを用いて気持いと思う場所を指圧します。 頭、首、肩のコリをほぐすことで、顔面の結構もよくなり、 結果的に顔周りがすっきりとします。

まとめ

  • 塩分の摂取量を見直す
  • 余計な塩分を排出する
  • 顔周辺の肉をひっぱるのをやめる
  • 小顔にはツボ押しが効果てき面
  • 顔の肉は頭、首、肩のマッサージで解消

これで「顔につく」あのいや~なお肉を今すぐ解消しましょう!

このブログを書いた人

ジュリカ@英語ライフワーカー 

ジュリカ@和製パリジェンヌ。
フランス式ダイエットで食事制限・運動なしで-5kg達成。過食症と15年間で20kgの体重増減を経験。プロの英語講師兼ライター。韓国人男性と国際結婚。特技は英語、韓国語、韓国料理。2015年にチョコレート嚢胞(のう胞)と診断を受け闘病中。